• SAC Bros. Company

陶展


寒い。 一言に尽きます。 今日はてんすけさんと、てんすけさんが以前から作ってみたかったという釉薬を 調合を変えて12種類作ってみました。

んが、カメラは持っていったものの…メモリーカードをPCに差しっぱなしでして… 撮れていません。はい。 まあ明日本焼き窯詰めするので、明後日くらいには焼きあがり品の写真をUPします。

どうもこんばんは。motomanです。

昨晩は晩御飯を食べ、20時くらいからウトウト… 気付けば4時半でした。 布団にすべり込んで改めて就寝しましたが、いささか熱っぽい気がせんでもないです。 皆さんお気をつけあそばせ。

📷先日、私も以前展覧会をさせていただいた、 堺の"夢庵"というギャラリーへ行ってきました。

ちょうどその日が最終日だった… 和田山 真央さんの展覧会です。 マサヒロさんです。イケメンズです。

アメリカの大学で陶芸に興味を持ち、 卒業と共に帰国。 今は大阪狭山市で制作してはります。

たまたま私と同郷という… 大阪出身で陶芸やってます。 というだけで親近感が湧くのですが、住んでいるところが こんなに近く、年齢も近い方がおられるとは… なんかちょっと楽しいですね。

📷私は皿を作るのが本当に苦手で、 いや、何が得意なんですか。と言われるとそれもまたアレなんですが。 大皿が目に付いたので、 「皿つくるの好きなんですか」 と聞いたところ… 「いえ、苦手ですがつくってしまいます」 と返ってきました。

私が売れないフタ物をシコシコつくってしまうよう、人それぞれ止められない何かがあるんでしょうなあ。

📷展示の仕方も非常にシンプルで、 湯呑みはこのかたちで色味が2パターン。 おおまかに言うと白・黒でした。 揃ったものが並んでいる姿は、それだけで惹かれるものがあります。

📷これはご本人が今から研究を続けたいという マンガン系ラスター釉を刷毛塗りした一品です。 ちょっと写真がアレ過ぎて伝わりませんが… 黒味の中にメタリックなグラデーションが大胆に意匠されています。

思い切りがあると言いますか。 気持ちの良い一品でした。

マンガン系のラスターは私も気になっていたところなので、 良い物を見せてもらいました。 MOCHIBE主催の3月の企画展はそれでいこうと思っているので、 そろそろ調合を重ねて研究しようと思っています。

その際にはまた、順を追って紹介していきますね。

とりあえず… 来月は3つ陶芸教室が決まったので、それに向けての制作・研究が課題です。 今回の窯からは外しましたが、波模様を掘り込んだ大鉢なんかも素焼きを終えました。

明日の本焼き窯入れ、12月初頭に予定している本焼きと… しばらくバタバタしそうですが、焼きあがったものをUPできるので。 それなりに楽しみにしておいてくださいませ。

明日窯詰めするのは主に ・タンブラー ・茶碗 です。

22日の夜に窯出し、23日の手づくり市で出品します。 まあ…いつもつくっているものと色味は変わり映えしませんが、 かたちに関しては、私がいつもつくるものとはかなり異質なものなので… 本人も焼き上がりを楽しみにしています。

という事でここはひとつ

1回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0