• SAC Bros. Company

電気


たまには電気窯の仕事の事でも。

どうもこんばんは。motomanです。

展示を観に行ったりで知り合いの作家さんに会って話をすると 薪窯焚きまくってますね。 と言われる事が増え、ふと自分のブログなんかを振り返ってみると 薪をくべてるとこしかありませんでした。

そらそう言われます。 反省します。

そんなわけで、逆に 電気窯持ってるんですか。と驚かれる事があったりもします。

元々 電気窯での仕事が主ですし むしろ薪窯アリマセン。 色々なところへお邪魔しているだけです。

というわけで こんなものを電気窯で作ってます。

いわゆるマンガン系です。 真っ黒です。

真っ黒なんですが、微妙に濃さが変わるよう コンプレッサで吹き付けてます。 厚みを変えないと、棚板がえらい事になるもんで。

真っ黒なんでわかりませんけれど。

ハマ擂りをする際、水に濡らすと このようにキラキラします。 というのが特徴です。

最近はほとんどのものを総削りしていて 見込みにも削りや彫りをするようになりました。

彫りと言ってもごくごく浅いもので、 1 ~ 5mm くらいでしょうか。 色々な使い方をしてますが、そこに釉を溜める事で このような表情が得られます。

しわしわです。

水に濡らすと表面がキラキラするので 表面のラメったキラキラ感と、釉を濃く溜めている部分の 金ピカがキラキラするところを楽しんでもらえたら。 といった類のもんです。

同じような事を過去にも四度ほど書いた事がある気もしますが 2015年 になった事ですし それ以上に 電気窯の仕事のイメージが希薄過ぎるようなので ちょこっと改めてみました。

一応 薪焼成用の荒くたい土ばかりをいじっているようですが キメの細かい土でこんな事もしてます。 上絵を使ってみよう。と その為のものも焼いてみました。 これはまた後日。

私の事なので 初上絵の品を紹介出来るのは おそらく 1ヶ月後 くらいになるんやないかな。とか思います。

鋳込みもやりたいなァ。なんて思ってますが 実際それに取り掛かるのは… いつになるのか知りません。 私の事なので。

そんな感じで今日のところはひとつ

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0