• SAC Bros. Company

黒影


どうも最近 excite ブログの調子がアレだとは思っていましたが。 先の雑記の写真が表示されていなかったようです。 貼り直したので、見てみて下さい。

どうもこんばんは。motomanです。

いや、まあ正直なところ excite ブログがアレなのではなく、私のマウスがアレなのかもしれません。 かなり前に鳥さんからもらった物なのですが、数ヶ月前から 左クリックの調子がどうもアレで ワンクリックのつもりが勝手に2度押しになってしまう場合があり…

これが結構…いや、かなり不便なのですが…このマウス。 ゲーマー向けの…サイドワインダーというシリーズのもので 重みがあり ( 軽過ぎると細かな動かし方が難しい為、ウエイトを入れて重くしてあります ) 一般的なマウスより、2回りほど大きく、手とマウスの間に無駄な空間が出来ません。

ネットサーフィンやこのブログを書く際には…勝手に2度押しが非常に鬱陶しいわけですが Left 4 Dead 2 というゲームをやっており、ゾンビを沢山倒すには このマウスが必要なわけです。

どっちを優先すべきなのか!

どっちでも良いですね。

去年の暮れあたりから…またどうも喉の調子がおかしくなり 100日咳みたいなものがやっと終わった…と思っていたら また100日咳みたいな症状が出てきたので 半年ほど咳に苦しむ事になりそうです…

腹筋が割れそうですね。

今日は木曜日なので初出勤でした。

仕事が終わってから…喉がアレ過ぎて正月に喜楽歩へ行って削るつもりだった物が 削れていなかったので、シュシュッとやってきました。

室に入れていたとは言え、さすがに乾き過ぎていましたが 愛用の超鋼カンナを持参したのが功を奏しました。

ちょうど今日、喜楽歩で 素焼きの窯詰めをやりかけたのですが いざ詰めてみると意外に空きスペースが多かったので、これに入れられるんじゃあないか。と 今夜のうちに全て削りました。

人生初の黒土を使った物達なので かなり楽しみです。

直径 30cm ほどの大鉢です。

本焼きすると…また雰囲気はガラリと変わるんでしょうけれど、 今まで私が使っていた半磁土とは違い、その名の通り…黒味の強い粘土なので 私が最も強く表現したいと思っている 彫りや削りで浮き出る ”影” が、今までのそれよりも…もっと顕著に見受けられるかもしれません。

どうでしょう。コレ。 半磁土に白マットを掛けた物の影も好きですが、より影が際立つ予感がします。

とりあえず黒土が初めてだという事で。 こんな形が合うだろうな。という 漠然とした予感と勘で、色々な形を展開してみました。

掛ける釉薬は特に決めてはいませんが、これまた色々と試し。 影を強調するに最も相応しいものを探し出そうと思います。

いやあ…楽しみです。

八田さんが注文の依頼をもらってきたみたいで 近々それらを焼く為に、1180℃焼成の窯を焚きます。 つまりは…耐火粘土を焼成する時の温度ですね。 聞けば、スペースに余裕がありそうなので 明日の仕事終わりに…これまた人生初の 土鍋を水挽きしようと思います

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0