• SAC Bros. Company


思えば無趣味な人間である。 決まった時間に何処かへ行き、何かに打ち込むというのは 幼少の頃から始めた剣道だけで 中学 ・ 高校は部活だけであったし、中学の頃あたりまで習っていた習字も とうの昔に…何時の間にか辞めていた。

そもそも そのどちらとも、私がやりたいと言って始めた事ではなかったので 趣味とは言えないし、傍から見ればただの " 習い事 " である。

どうもこんばんは。motomanです。

剣道は、南大阪の何とかという大会で… 1度 だけ銅メダルをもらった事があるだけで 一般的に見れば、腕は下の中あたりか。 どうも 1 vs 1 で相手と勝敗を奪い合うという部分が好きになれなかった。 勝負事をする人にとっては、致命的に欠けていた部分である。 確か… 二段を取得したが、特に意味は無い。

ただ、体中に汗をかいた後に面を外した時の爽快感や 稽古の始めと終わりの黙祷は好きだった。

また、剣道を通じて学んだ 精神的な考え方は、今でもしっかりと胸に生きている。

習字も 今でも字はとても汚いし、当時から 自分の字の癖というか…雰囲気やラインがとてもではないが美しいとは思えなくて 特に 自分の名である " 元将 " という字を書くのがとても苦手で 確か… 硬筆は 準二段 毛筆は 三段 を取得しているが 私の字は…他人に見せられるようなものではない。

ペン字なる習い事があるようだが、あれをやれば本当に字が奇麗に書けるようになるんだろうか ?

そんな私の趣味と言えば 読書と映画鑑賞くらいなもので、そのジャンルも大きく偏っているように思う。

これも興味がある事で、趣味と呼べるかはわからないが お寺巡りや鍾乳洞巡りなんかも好きだ。

剣道も習字も、幼少の頃に親に薦められ わけもわからぬ内に始めたものであったから 自分の意思で何かを始めよう。と思ったのは…これが初めてかもしれない。

北野田にある、とある扉を…連れと叩いた。

写真を見ればお分かり頂けると思うが クライミングである。

細分すると、リードやフリー、ボルタリングなど 色々なスタイルがあるのだが 独りでも可能で、高所を目指すよりも 登る技術に重点を置く、ボルタリングが出来るようになりたいな。と とりあえずジムへ行ってみたわけである。