• SAC Bros. Company


もうチョコレートは勘弁してください。 と言ってみたいです。

どうもこんばんは。motomanです。

先日はベニヤ板を購入。 600 x 600mmに切ったものに、半乾きになった大鉢をひっくり返しました。

ろくろを挽いたものは一般的に 上ほど薄く、下ほど厚みが残っています。 それに加え、粘土の中の水分が下へ下へと動く事もあり、 触っても変形しないくらいの状態になれば、 ひっくり返して底を上にし、乾燥を待つ事となります。

ものが大きいという事もあるんでしょうが… いや、ろくろ挽きが下手で…余分な粘土が多いというのが一番大きな理由でしょうが… 天見の湿気がアレという事もあるとは思いますが… ひっくり返せるようになるまで、丸一週間放置しました。 乾きにく過ぎやでしかし。

径48cm このくらいのサイズなら、ろくろの上手な方であれば 6kg…いや…5kgあれば充分かもしれません。 私は7kg近く使ってしまいました^^; よってひっくり返す作業が、より大変になるわけです。

まあ…そういえばコレ、どうやってひっくり返すの?と、陶芸をされた事のない方は そう思うかもしれません。 またもやSDカードをPCに挿したまま…生デジカメしか持参しなかったので その様子は明日にでも…撮れれば撮ろうと思います。

そしてフタもの。 削る余地を残すため…と言えばアレですが… これも大鉢同様、そう…きっと大き過ぎるせいさ…と。 まあこちらはろくろ挽きから2日目にしてひっくり返してきました。

今週は削り・彫りラッシュになりそうです。 集中力がどこまでもつでしょうか。

と、そういえば素焼きも窯出ししてきました。 何がアレって、恒例の。 フタと躯体の数が合わないという、なんともキュートな現象がまたも起こってしまいました。 んが 足りないものは足りません。 非常に残念です^^;

といったところでここはひとつ。

そういえば題名が「本」で本に一切触れませんでしたが。 それもご愛嬌という事で…

久々に古本屋に行って、仏像がいっぱい載ってる本を500円で買えてよかったです。 という事です

1回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0