陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • SAC Bros. Company


昨晩”人間失格”を読み終えました。 ああ。 映画版のあのシーンはこういう事を言いたかったのか。と、10回ほど なるほど…なるほど…と思って読みました。 原作を読んだ人でなければ、あの映画は意味プーですね。

感想は…長くなりそうなので 機会があれば。という事にしておきましょう。

次は何を読もうか… 蟹工船でも読もうかと思っています。 病んでいるのでしょうか… いや、ノルウェイの森を読み返すのも悪くないかもしれません。

どうもこんばんは。motomanです。

今日は一日、削りをしました。

より深く!を一応… 本日のテーマとし
だがそれでいて エッジが効き過ぎていて 手が切れそうで怖いわあ。という印象を与えないような 深い彫りを入れました。
先日水挽きした花器のうちの1つ。
もう1つ。

本日2つ目のテーマは ”粋”でした。 大抵の物がそうであるように、雑器や花器も勿論 上から見られる事がほとんどです。

こだわりの彫りを、躯体の下半分を中心に入れる事で どういった効果が得られるか、試してみました。

まあ私見では 上から下まで彫りつくすより、こっちの方が好みだなあ。と思いました。

要は メリハリってやつですかねえ。

アウトラインが波になる部分も 全体を通して流れが見えるよう、幅に少しずつ変化を持たせました。

緊張がきれたのか、口づくりを失敗してしまった… 例の一輪挿しです。

…かわゆいやないか。

っていう…

0回の閲覧
0カート