• SAC Bros. Company


寒い寒いと言いながら…そうでもないな。と思っている私です。 青天の下で働いた整備の仕事があってか 山篭りの日々があってか 魔界塔士SAGA風に言うところの ○れいき を身につけたようです。

どうもこんばんは。motomanです。

とは言え、ろくろの前に座り ずっと動かぬまま削ってばかりいると、足元から芯にきます。

まあストーブを点ける以上に暖をとる方法はないので。 寒さを無視して削りです。

こんなものが出来上がりました。 シャープさを醸し出してみました。 出てますか。

続きまして。 こんなものも出来上がりました。 これはあまりに…考えなしにやっちゃったため 幼稚園児が書くゾウさんのような、何とも言えないもったりとした感じになってしまいました。

ここへきてようやく、フタと躯体のつながりと言いますか。 アウトラインが馴染んできたかな。と思います。

2つとも悪くないです。 ビビッとくるものがあるわけでもないのがタマにキズです。 自己評価としては、フタものをつくり始めた当初より かなり精度が上がってきたので、今のところは良しとします。

ふと気付けばパラパラと波板をたたく音。 昨日から随分長い間、雨が降り続くな。と思って外へ出てみると 雹でした。 と、思えばすぐに雪へ変わりました。 まだまだ油断できないであろう。と、スタッドレスタイヤを履きっぱなしにしていて正解でした。

明日はグループ展の当番なので、一日ミナミへ出てきます。 といったところでここはひとつ

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心