• SAC Bros. Company

K


3度寝 を経て、 12時間 。 泥のように眠りました。

どうもこんばんは。motomanです。

先日は所用で早朝から伊賀へ行き、その足で K氏 の窯へと向かい 朝まで窯焚きしてました。 窯焚き史上、最高潮の眠気にやられそうになりました。 やられたかもしれません。

最近ほんと 歳やなあ。って思います。

K氏 との出会いは小っ恥ずかしいものでしたが、まあ その辺りは割愛して。 親ほど歳は離れていますが なんだかんだと…もうかれこれ 6~ 7年 、お付き合い下さってます

色々な窯場へお邪魔させて頂いている昨今ですが その窯場毎に色々な焚き方があります。

最悪の場合、せっかく窯をついたのに 数年後に近辺が驚くほどの近代化を見せ、苦情が出るので煙を出す事が出来なくなり 焚けなくなった。という話も聞きます。

私の実家も昔は田んぼしかありませんでしたが 今では随分と開けました。 草の匂いが懐かしいもんです。

そんなわけで K氏 の窯も同様、周囲の住民からの苦情が出ないよう 煙と炎を抑え気味で焚かなくてはなりません。 消防申請はしているので、法的には問題無い。というところが やってる側からすると…悲しいところです。

そういった条件下でどういったものが狙いたいのか。 いわゆる " 縛り " が発生するわけですが 身近なものを臨機応変に使ったり、用意して下さっていた色々な種類の薪を使い分けたり とにかく、出来得る限りの知識と経験を総動員して ベストを尽くせるかどうか。というのも窯焚きの楽しみで 焚き手にとっては…俄然 燃えてしまうところで。

今回のテーマは、 約90時間 という制限時間内で いかに多くの燠を生産し、それらを作品にぶつける事で どのような深い窯変がを実現できるか。といったところで 史上最大の睡魔とも闘いつつ ( ? ) 上質な燠をひたすら生産し続けました。

思っていた以上にすぐにバランスしたので 結構 まったりと焚けました。

日付が変わってしまいましたが、今日の夕刻あたりには 無事に火止めした。との連絡を頂きました。 2度目 の目覚めと 3度目 の夢の世界への旅立ちとの間の話です。

金色の燠で火床が輝いている景色を見る度 陶芸やってて良かったな。と思います。 作ったものをご購入頂き、互いにハッピーになるのが 陶芸という仕事での大事なところではありますが エンドユーザーであるお客様が目にする機会のほとんどない こういった景色を見ながら焚いているんですよ。ってところも もっともっと紹介していければ良いな。なんて思います。

ほんと美しいんですよ。 思わず…焚き口に飛び込んでやろうか。と思っちゃうくらいに。

まあそんな感じで。 窯出しが楽しみです

0回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0