• SAC Bros. Company

FP


今日はどうも 春の嵐がやってきました。 えらい風と雨でしたね。

どうもこんばんは。motomanです。

足りない頭をちょっと傾げて考えてみた結果、手にあまり負担のかからないタタラをやろう。と 冬の間にこんな物を作りました。

サイズが 30cm に満たないほどではありますが 私がタタラで作った中では最も大きく、そしてフラットさが求められる類の物なので こんなもんマジに平に焼けるんか。とか思いながら、やってみました。

八田さん曰く、平皿は素焼きしない方が良いよ。というアドバイスを頂いたので… 頂いたんですが、すでに素焼きをやっちゃった物もあり… まあ どういう違いがあるのかわかって良いか。ってなモンで。

実はこれら、注文を頂いた物で 私の花器をご購入頂いた方から、同じ雰囲気で板皿が出来ませんか。というアレを頂いた次第で。

金味はあまり無い方が良い。という話だったので まずはサラッとした一品を。

これも同型で釉薬を変えた物です。

角に合計 8点 ずつ、筆でチョチョーンと釉をたらし スタイリッシュ感を狙ったいやらしい加飾をしてみました。

先のものは金味で、こちらは赤味を出しました。

こちらも同型、全体に掛けた釉薬を変えたので 黒味が基調になっています。
別タイプ。 タタラで作った板をろくろに乗せ、円を削り出しました。 四隅に別の釉薬を掛け、ラスターっぽい…表面を這うような金属味を出しました。
そしていつものアレです。 サラッとした金味が良い。というのは感覚的なもので どこからどこまでがその人にとって… OK なのか NG なのかは微妙なところなわけですが おそらくこのあたりであろう。という線を攻めてみました。

コンプレッサで吹き付けをする時、自分の中でろくろを回転させる " いつもの速度 " があり 基点から何周吹き付けるか 躯体からエア ・ ガンの距離はどのくらいか と、まあ そのあたりに留意して釉薬の厚みを決定します。

あまりに過ぎるとシワシワが寄り過ぎ、使い辛くなるかもしれませんし あまりに薄すぎると金味が出ません。 くるっと円を描くような景色が欲しかったので、成功と言えるでしょう。

また、焼き上がりを見て八田さんが 結構キレイに焼けたねえ。と言って下さったので、グッと握りこぶしを作った次第です。 多少はカタつくんですけれどね。

とまあそんな感じで。 初タタラによる初平皿が完成しました。

売れるんスかね???

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0