• SAC Bros. Company

PJ


飛びてぇー

どうもこんばんは。motomanです。

20歳になったというに 俺は中学1年生で 上級生に目をつけられ バーリ・トゥードでのケンカを強いられた。

でも顔面は痛そうだったので 顔面はナシの方向で。という提案をした。

奴の胸筋が厚すぎたのか 俺の振るう拳の使い方が良くなかったのか 相手がひるむ様子はなかったが それでも拳をふるい続けた。 距離を取って相手の拳だけは食らわないように 気をつけた。 奴の拳を一度でももらうと それが致命的な一撃になる。と どこかで感じていたからだ。

随分長い間 緊張の連続の中 全力を振り絞って耐えていたその時 ふいにチャイムが鳴った。

お前根性あるやん。と 白い歯を見せ 両手を大きく広げて 終わりを告げた奴は 俺の負けだ。と そう言った。

次の日 体育の授業を受けるために運動場へ出ようと 廊下を歩いていると その上級生に遭遇してしまった。 バツが悪かったが 逃げるのも癪だと思い どうも。と挨拶をした。 すると奴は 昨日負けたからポン・ジュースおごってやる。 と言った。

ヤッピー!と思ったが ポン・ジュースを飲む前に 夢から覚めてしまった。

っていう…

0回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0