• SAC Bros. Company

SAV

起床を経て 出勤を経て 仕事を経て 作業場への移動を経て 制作を経て 窯詰めを経て ただいま帰宅いたしました。 布団が恋しいです。

どうもこんばんは。motomanです。

今更感たっぷりですが、私の作業場を紹介していくべく、新たなカテゴリを追加してみました。 今現在まで話すと長くなるので小出しにしていこうと思います。

中学時代。 ちょうど私達が卒業する年に、教育委員会に異動する事になった美術の先生がいました。 私が人生で今まで出会った誰よりもエネルギッシュで、それは今現在もなお衰えを知りません。

高校2年の夏、私は芸大受験のためにアトリエに通い、デッサンを学ぶ事にしました。 学校は別だったのですが、そのアトリエに中学の頃の同級生が…10人ほどだったでしょうか…次から次へと入ってきたのです。 3年になり受験が近づいてきた頃、私達は懐かしさもあり…10人もの同級生が同じ大学を受験する事もあり…その先生にデッサンを批評してもらいに伺いました。 それが始まりと再会。

無事受験に合格し、私達は別の学科で時を経て…卒業も近づいてきたに頃、教え子と教師でグループ展を開こうという話が持ち上がりました。

扱う素材もばらばら 表現方法もばらばら 自分が作るものに込める想いもばらばら でもそれらが集まって、ひとつに。

中学の頃に出会い、 ひょんな事から再会、 そして 同じ場所でそれぞれが作ったものを発表。 それぞれの人生の、ある一点が重なってできた集まり。 交差点でたまたますれ違ったような…集まり。

私達はこのグループを「すくらんぶる」と名付けました。

卒業した私がまずすべき事は、設備と作業場の確保でした。 コツコツ働いては貯金し、2年間でようやく200万円ちょいのお金を作った私は、窯の購入を決めました。 その事を先生に報告すると、驚くべき提案がなされました。

「すくらんぶるで共同作業場を作ろう」

最初は大人の悪い冗談かと思いましたが…先生は目標を見据えて進む人です。 私達はいろいろなところに声をかけ、物件探しに奔走しました。

条件は ・広い ・皆の家からそれなりに近い ・賃貸ではなく売り物件 の3点でした。

広いというだけで厳しい条件でした。 共同作業場ですから、少なくとも100坪は欲しかったのです。 何件か下見に行くも、やはり共同作業場としては狭く…ようやく見つかったのは1年後でした。

📷

小屋2つと母屋です。

青い屋根の小屋は事務所。 母屋一階は彫刻作業場。 母屋二階は宿泊所。 そしてもうひとつの小屋を陶芸作業場にする事にしました。

これが [ すくらんぶる アート ヴィレッジ ] SAVの始まりです

2回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0