陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • SAC Bros. Company

GO!FUKU


今日もあたたたたかったですね。 愛しの春は…もうすぐそこまで来ているのでしょうか。

どうもこんばんは。motomanです。

今日はてんすけさんと、おデートをばしてまいりました。 行き先は…和歌山は橋本の、とある工房です。

昨年9月に狭山で開いた販売会で、 あれ…この方どこかで会った事があるぞ…何処だっけ…と 思わぬところで再会した方がいらっしゃいまして。

和田山くんがアメリカからこっちへ帰って来た際、当時彼はまだ作業場を持っておらず ろくろが挽きたくなって通っていた陶芸教室で、その方が働いていたそうで 和田山くんがどんな物を作っているのかな。と、販売会に足を運んで下さいました。

ほんと、たまたまなんですが 実は私もこの方と面識があり。

私が大学受験の際、入試の為のデッサンを習いに行っていたアトリエで事務をされていた方で その仕事柄、生徒の名前を文字で見る機会が多く 私の " 元将 " という珍しい名前を覚えていたようで… 販売会のチラシを見た時、思い出して下さっていたようです。

いや、でもすごいですよね。 アトリエへ通っていたのは高校生3年の頃ですから…もう12年ほど前の事ですよ。 いくら名前を文字で見る機会が多かったとは言え、すごい記憶力だと思いました。 脱帽です。

「今何されているんですか?」と聞くと 「同業者です^^」と言われ。 「ええ!?ほんまですか」という流れになり。

詳しく伺うと、 京都で4年近く絵付師として修行し、地元に戻ってからは 週4日働き、残りの3日で陶芸をし 手づくり市や陶器祭で販売していたそうです。

そして結婚。 今は橋本に工房と居を構え、そこで陶芸教室を開き…自分の作品も作っているそうです。

これまた…たまたまなんですが 私の作業場 SAV は、 200m ほど南へ下るとトンネルがあり そこを抜けると和歌山の橋本市なんです。 ええ!?作業場も近いですね。 今度遊びに行って良いですか。と言いながら…はや半年近く… ようやく今日、それが実現したわけです。

五福 香菜子さんは絵付けを主に制作されていて 特に、アクセサリィなどの小物を作るのが好みだそうです。

私も、最近ちょっと思うところがありまして 上絵に興味がそそられておるので、勉強させてもらおう。と 作業場を覗かせてもらいました。

色々な事を根掘り葉掘り聞かせてもらい…とても良い勉強になりました。 「まあ、とりあえずやってみると良いですよ」 「ええ、そうします」という話なので 早速 上絵の具を発注してみようと思います。 先日の茶碗の売り上げがスッ飛んでしまうんじゃあないか。と 冷や汗かきながらカートへぶち込もうと思いマス。

GO!FUKU 五福さんご夫婦のホームページです。

旦那さんは建築学科を出て、今は木工をされていて 無垢ではない、フラッシュという…心材に板を張り付けた物を組み立てる方法で 家具を製作されています。

冬は寒いですが… 静かなところに、広い広い木工工房と陶芸工房と家があり 沢山の猫ととても美人な犬と共に制作されています。 素敵な生活ですねえ。

とりあえず上絵をやってみて 五福さんにダメ出ししてもらおうと思います。 上絵で私の窯をいっぱいにするのは大変なので… またも…てんすけさんの窯を借りる事になると思います^^;

…何か最近、全然自分の窯焚いてないなあ…

1回の閲覧
0カート