• SAC Bros. Company

Left 4 Dead


1980年に生まれた私達は ゲーム世代であると言えましょう。

どうもこんばんは。motomanです。

ファミリーコンピューターを皮切りに スーパーファミコンやセガ・サターンを経て Wii や PS3 、X box 等 今では様々なコンシューマ・ゲーム機がありますねえ。 ソフトはカセットから CD へ、そして DVD 今ではブルーレイです。

私はそのどれをも持っていませんが… 否!持つ必要がありません。 なぜなら…私はパソコンでゲームをするからです。

どういう事なのかよくわかりませんが、 ゲームを毛嫌いする人が沢山居るようです。 ゲーマー = オタク という図式が、世の一部で確立されているようで ましてや 「その歳でゲームなんてやってるんですか (笑 」 ってな扱いです。

じゃあ 家で暇な時に何してるの? と聞くと ケータイでメールしたり、TVを見たり 映画を観たり ネットサーフィンをしたり、雑誌を読んだりしてる。 と言います。

なるほど。 では私からすると ゲームをするのは映画を観るのと変わらないわけだから んな事言われる筋合いはないぜ!と思います。

本を読んだり映画を観たりする事は 他人の頭の中を覗くような感覚があり その人の持つ、独特の世界観を味わえる事に 価値があると思っています。

ゲームも然り。 まあゲームの特性は 自分で操作する事ができる。という点でしょうか。

その他の娯楽より インタラクティヴであると言えます。 まあ…相手がコンピュータであるという点が オタクっぽさを醸し出しているのかもしれません。

1年ほど前にたまたま 私の好みにピッタリのゲームを見つけまして。 おお…これはおもしろそうだ…と その場でクレジットカードで購入しました。 確か25$ほどだったと思います。 初めて海外へ送金しました。

Left 4 Dead 2 というゲームで、まあ ゾンビをバンバン撃ちましょう。 というものです。 作業場へ行って粘土をコネコネし 帰宅してからはゾンビをバンバンするという。

箇条書きにすると 変態です。

昨晩、ダウンロード・コンテンツで 新しいマップが追加されたので ゾンビをバンバンしました。

パッチファイルをダウンロードする事で 一度買ったゲームに新しい要素がどんどん追加されるというのが パソコンでゲームをする利点ですね。

ちょっとグロテスクですが YouTube にL4D のオープニング・ムービーがあったので 騙された!と思って観てみて下さい。

そこらへんの… キャスティングと宣伝力、原作のネーム・バリューでA級を装ったうんこ映画より、充分おもしろいと思います。

3つ目の動画が昨晩追加された The sacrifice で L4D の軍服を着てたおじいちゃんが 3人を助ける為に、自らが犠牲になる…というお話です。

その後、残った3人と L4D2 の主人公である4人が合流。 窮地を脱する。というところまで 話が進んでいます。

これからどうなるんでしょうねえ。 楽しみですねえ。

それにしても L4D2 をプレイし始めて約1年。 よく飽きもせず… 倒したゾンビの総数なんと

27万4000人です。

時代が時代なら 私は英雄になっていたかもしれません。

っていう…

0回の閲覧

陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

0カート