• SAC Bros. Company

motoman 東京へ行く

あ、どうも。 ん… まじか…

13時間 寝ちまった…

どうもこんばんは。motomanです。

先週の頭に東京へ行ってきました。 その様子でも。 📷あれー 一週間も経つと随分記憶が前後してしまいます。

確かコレは 2日目 ですね。

岸辺露伴 新宿へ行く展 を観に行きました。 📷確か…日曜日の昼過ぎに家を出、打ち合わせの為に恵比寿へ。

東京は土地勘が全く無く、現在地から目的地に行くまでにかかる所要時間なんかも わからなかったので、約束の 1時間半 も前に着いてしまいました。 📷適当に入ったカフェでカフェラテを飲みながら待機。 スマホって電池なくなるの…はえーなーなんて思いながら、買ったばかりの iPhone をいじってました。

店を出る時にビビりました。 カフェラテが 780円 ですよ。

晩飯やないか。 📷未だプレスリリースが出ていない為、秘密だそうですが 打ち合わせも無事に終わりました。

その後、東京で働く幼馴染の家に向かいました。 📷翌日はフリー。 行きたい場所を地図にマークしてみると、どうやら渋谷周辺が多かったので 先ず、連れの家のある京王線 ・ 布田から新宿へ出ました。 📷荒木 飛呂彦のこの原画展だけ、陶芸と直に関係のあるところではなかったのですが 地理的にコレから観に行きました。 陶芸家失格であります。

会場は、新宿の GUCCI です。 📷なかなか面白かったです。

作中で露伴が着用している物が、マネキンにディスプレイされ 販売されていましたが、そこは GUCCI ですから。 しかも東京ですから。 値札に触った瞬間、触れた代とか請求されるんじゃあないか。と思ったし 私が手が出せるような値ではないのが、そう コーラを飲んだら ( 略 だったので、逃げ帰りました。 📷その後、 iPhone で地図を見てみると どうやら次の目的地である表参道ヒルズまで、そう遠くないようです。 東京は電車が安いなあ。という印象がありますが いかんせん路線が入り乱れていて意味プーなので、徒歩にて向かう事にしました。

1年前か 2年前 か…忘れてしまいましたが、 銀河村でサンドブラストをされている、古谷 智子さんの個展に 私の成形したフタものの躯体を使ってもらった事があり、その個展の際にお世話になった Gallery 412 です。

金属工芸の展覧会中で、オーナーが忙しそうにお客さんと話し続けてらしたので 挨拶もそこそこに、次の目的地へ向かう事にしました。 📷地図を見ると、これまた…そう遠くない距離だったので徒歩りました。 ワタリウム美術館です。 草間 彌生の 60年代 の作品を扱った展覧会です。

月曜日だったので休館でした。 事前に地図を用意しておくなんて…大人になったモンだぜ。って思ってましたが 休館日までは調べてませんでした。

F○ck ! 📷次です。 またも徒歩りました… ワタリウムから南下、いかにも高級そうな住宅街をひた歩き… うつわ楓に到着しました。

ナチュラルな感じで統一されたお店で、鞄の中に忍ばせたブツを オーナーさんに見てもらおう。と画策していたのですが…残念ながら不在。

店番をしていらした女性がとても美人だったので、少しお話して満足しました ( !? ) 。 そして ワタリウムの先、つまり…今来たところのさらに奥に 楓の姉妹店であるショップがあるという情報を頂きましたが いかんせん他にも回りたいところがあったし 足がダルくなってきていたので…後日。という事にしました。 📷その後、またも 根津美術館まで徒歩りました。

外観が素晴らしい。と聞いていたので、是非行ってみよう。と思っていたところで 遠目で見ても、私の和心をくすぐるアレでした。

休館でした。 F○ck !! 📷その後…地図を見たら そう遠くなかったモンで…またも徒歩りました… ここも東京へ来たなら是非行ってみたいと思っていたところです。

桃居に着きました。

これが実に運の良い話で。 大阪芸大の先輩である、 田淵 太郎さんと竹内 鉱三さん、お二方の展覧会が開催中だったのです。

直接お会いした事は無かったんですが、喜び勇んで飛び込みました。

この展覧会が非常に面白く、 田淵さんは白 ・ 竹内さんは黒の作品ばかりを並べていました。

お二人は同期で、私が入学した時に四回生だったようで。 会った事が無いわけでもなかったです。

桃居の店構えも雰囲気もとても良く こんな場所で展示できたら良いなァ…と、意欲に燃えました。

竹内さんは銀座で個展も同時進行されていて、残念ながらお会い出来ませんでしたが 在廊されていた田淵さんと、オーナーさんとお話出来たので Good 。

陽が暮れてくる中、数少ない喫煙場所を見つけて煙を燻らせ 考え事をしながら何となく歩いていたら…最寄り駅から離れてしまったようで。 一番近くの駅までブラブラ歩こう。と決めたんですが 意外と遠く…足を棒のようにしながら歩きました。 📷その道中、たまたま見つけたのが一風堂。 780円 のカフェオレのダメージで、朝から何も食べていなかったので うっちゃんがオススメしていたラーメンを食しました。

後日 何故 九州へ行った時じゃあなく、東京で食ったし ! と、つっこまれましたが…美味かったです。

その後、何処の駅からどう帰ったのかは憶えていませんが 布田へ無事に舞い戻りました。

何処かで腰を落ち着け、ラッシュを避けるという手もあったんですけれど こういう機会が無いのも確かだ。と思い直し、あえて東京の帰宅ラッシュに飛び込みました。 痴漢と間違われないよう、両手を上に挙げて降服のポーズを取り ギュウギュウ詰めになって電車に揺られました。

特に得るものは無かったです。 避ければ良かった。

布田へ着き、コンビニ弁当で晩飯。ってのもアレやなあ。と思い 場末の北京料理屋へ入りましたが 東京の物価すげえな ! 場末の店でこの値ですか ! というアレだったので 一番安い 500円 の、クソ塩辛いチャーシューの味で全てが吹き飛んでしまいそうな ヘヴィなラーメンを食って帰りました。

一風堂で替え玉すりゃあ良かったゼ。 📷夜が明け。 いよいよ宇宙茶会初日です。

西武渋谷店へ向かいました。

もう…すんごい人で、まじか東京すげェ。 って言うより…うぜェ。って感じで店内に入り、会場へ。

主宰の近藤さんはどうやら一足違いでお出掛けしたようで、夜にまた戻ってくるという話でした。 5F の掛け軸を担当された Rimiさん と少しお話し出来たのが良かったです。

んー 渋谷からなら昨日のルートに近いし…という事で… まさかの 2巡目 です… 📷街行く人を眺めながら、ひたすら歩き続け 根津美術館にやってきました。 まさか同じ写真を同じ記事で 2度 使うとは思ってもみませんでした。

そして休館でした。

そういえば昨日来た時、改装工事とか書いていた気がするのは…否めません… F○ck !!! 📷デジャヴじゃあないですよ。 2度目 ですよ。 ワタリウム美術館ですよ。

草間 彌生が渡米した頃から最新作まで、点数はさほど多くありませんでしたが 一通り観る事が出来ました。 どういった背景があり、どのように考えが推移し それを形にしたのかがよく解る、面白い展覧会でしたね。

ただ、映像作品で 「 えー。歌いマス。作詞 ・ 作曲 草間 彌生 」 といきなり言い放ち、真っ赤なカツラと真っ赤な水玉模様の服を着た草間 彌生が映し出され 聞き取れない日本語で呪文のようにブツブツと…何かをしているのであろう様は 私の笑い袋をチクチクと、しかし確実に刺激し続け 思わずプヒャッと声が出てしまいました。

服装から察するに、デザイナ志望であろう二十歳前後の女学生らしき人達が周りにたくさん居たので え、何で笑ってんのこの人。という空気で会場が満たされましたが あの中の半数以上は笑いを堪えていたに違いない。という確信があったので その後も最後までニヤニヤしながら観てました。

席を立った後、 3人 の女学生と目が合い 最初の 2人 は この人気持ち悪-い。と、軽蔑の眼差しでしたが 最後の 1人 は、私の目を見てニコリと会釈したので ああ。君も笑い袋を刺激されたんだね。まともな人間なんだね。と 日本の行く末に一抹の安心感を覚えました。 📷その後、少し北上し 昨日 うつわ楓で紹介してくれた SHIZEN へ行きました。

またもオーナー不在でアレでしたが、この日は楓の定休日だったようで 昨日会ったとても美人な方がこっちの店番をしていたので、満足でした ( !? ) 。 📷その後…新宿まで歩いてしまおうか。と考えながら喫煙所で煙草を吸って iPhone を見ていると 新宿じゃあなくて銀座だった事を思い出しました。 色々とやらかし続けている東京探訪ですが、この時点で気付いた事は きっと私が成長した証拠なのでしょう。

最寄り駅まで歩き、銀座へ。 日々と書いてニチニチへ着きました。

これまた残念な事に…桃居での二人展の最終日という事で 竹内 鉱三さんは桃居へ出ておられ、お会いできませんでしたが… 作品がものすごくキレていたので、大満足です。 オーナーさんともお話させて頂きました。

その後 渋谷へ戻り、主宰の近藤さんに無事、お会いする事が出来ました。

しかし 地図見てナビを使っていると、電池が見る見る間に無くなっていきますねえ。 何とか電池を温存しながら過ごしてきましたが、限界が近づいたので 連れに電話し、 ハチ公前で待ち合わせ。

晩飯を食いに行きました。 📷翌日、生憎の雨だったので 連れの家から傘を一本、盗みました。

品川まで出て 原美術館へ行きました。

ここも人気のある美術館で、勧められていたので楽しみでしたが なるほど。 閑静な立地で建物も良かったです。

その後、品川駅まで戻り 新幹線にて帰阪しました。

11月 には 2度 、東京へ行かなくてはなりません。 んー それまでに iPhone の使い方を学んでおいて ナビの使い方を熟知しておかなくてはなりません。

休館日も調べておきましょう…

2回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0