• SAC Bros. Company

Naturaleza


誰かが言ってたぜ 俺は人間として自然に生きているんだと 自然に生きてるって わかるなんて 何んて不自然なんだろう

どうもこんばんは。motomanです。

" 自然 " という言葉には随分と悩まされます。

" 自然 " の対義語を調べてみると " 人工 " とされています。

自然の事物や現象に人間が手を加えること また、人間の手で自然と同じようなものを作り出したり 自然と同じような現象を起こさせたりすること

このあたりが上手く飲み込めません。

正確には 飲み込めないというより、認めたくない…のかもしれません。 どうも 人工物は自然の美しさには敵いません。 と言われているような気がしてなりません。

自然から学ぶ事は確かに多く 持てる五感の全てで認識してはいますが その大半は目から脳幹へと飛び込み、私の心を奪っていきます。

炎を使って土を焼き、そこに景色を見る。 ヒトというものはどうやら まどろっこしい生き物であるように思えます。 そこにあるのは 冒険心と支配欲でしょうか。

自然を彷彿とさせる人工物でヒトの心を動かすべく 自然から賜った土に手を入れ 知恵を用いて火を操り そこに " 美 " という 小宇宙を創造しようとします。

それを禁じた神を、ヒトが作り上げなかったのが…奇跡的に不思議なくらい 酷く 暴力的 ・ 懐疑的な行為だと感じるのは 私が変人だからか あるいは その道に足を踏み込んだ罪人であり、赦しを乞う為の唯一の行為であると 痛いほど額に刻み込まれたせいか やり切る事でしか償えない圧を感じているからでしょうか。

前者であるならば未だ救いの道は見られますが そういうわけにもいきません。 何を引き換えにしても 見たいと思う先があるからで 唯一の枷となり得るのは 思考と肉体。 そのどちらかが終わりを迎える、その瞬間だけです。

はて それにしても、相も変わらず 自然を同等、もしくは それ以上のものを作り得るのかどうか。という観点で言うならば 自然と人工が相反するのは…素直に飲み込めますが どうも引っ掛かる何かを感じるのは何故でしょう。

人の営みという小さな世界ではそれで納得できますが 数多の生物 ・ 物質や事象が混在する大きな世界に尺度を合わせると やはりどうにも…合点がいきません。

人と見るかヒトと見るか。 私達が日頃 目にしている山や川など、自然物として捉えている多くのものが ヒトの手が入った、整備されたものであり それでいて自然と捉えても違和感が無いのは どういった理屈でしょう。

一定の価値を保持し続けるはずの観念が 尺度を変える事で…その姿を変えてしまうのだから 質が悪いですね。

崩れゆくバベルの塔から空へと飛び ホッとするのも束の間 太陽に翼を溶かされ 自分はイーカロスだった。と知り、背筋が凍った時が最期なのか もしくは その瞬間から地面に激突するまでの刹那が 私達が生きている、まさにこの時なのか。

私達の血に込められている " 美 " というものへの探究心は 尺度を変えてみると そのどちらであろうとも たいした問題では無い気がします。 それこそが " 創造 " というものの本質である。 と思えるからです

0回の閲覧

陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

0カート