• SAC Bros. Company

pray for...


1日 のうちに出掛ける場所は 1箇所 。 1日 のうちにやるべき事は 1つ 。 それが特化する。という事で そのルールに従うならば、作業場へ行く日は作業場へ行き 作業をするだけにしないと。 他の用事を交えてしまうと…美しくない。 と、根拠もなくそう思っていましたが。

どうやらその限りでも無いようです。 むしろ そちらの方が楽しい。

どうもこんばんは。motomanです。

今日 絶対に本焼きを開始せねばならず その為にはスプレィ ・ ガンが必要だったのですが どうも最近、自前のガンの調子が悪く… SAV へ行って、調子が悪くて吹き付けられませんでした。では話にならないので 朝から定休日の喜楽歩へ行き、スプレィ ・ ガンを借りました。

先日の穴窯焼成に入れてもらった湯呑み 2つ 。

火前にコクのある ( ? ) 黒が出ました。

その後写真の現像を依頼しに行き、そのまま SAV へ。

素焼きの窯出しをし、ヤスリをかけて形の最終処理を終えました。

撥水剤を塗布しました。

今回はフタものばかりなので、キィの部分を慎重に。

その後、 2種類 のマンガン系釉薬を使い 一点のミスも許さないわよ ! と、慎重に工程を進めました。
ボーメを計り 一定の速度で手ろくろを回しながら、今までの経験に沿って 何周分吹き付けるかを決めました。
この判断が天と地の分かれ目です…
物の正面を決め 自分のセンスを信じ、釉薬の流れで表情をつけるべく 垂れているところを残すのか残さないのか。 その判断も非常に際どかったです。
どこに正解があるのか… 正解があるのかすらわかりませんが… 今までの経験を信じるのみです。
吹き付ける量が少な過ぎれば、テカりの強い金属質の肌になり 中間だと黒味が勝り 濃いと金味が条痕を引きます。

今回はフタものなので、濃過ぎると釉薬が流れ過ぎ フタと躯体がくっついてしまうリスクがあります。

私が狙うのは…全体を通しての 程よい黒と金のバランス。 金味の条痕の景色。 腰部に溜まる ( であろう ) 縮れた釉薬の景色。

そのどれもが出せれば… 私は嬉々とするし 狙った通りにいかなければ… 今までの経験が揺らぎ、フリダシへモドリマス。

独立してからの 2年間 、培ってきたものを全てぶつけたこのフタもの達。 どう出るかは…明後日…審判の日。 今頃、ちょうど 1230℃ に達している頃です。

祈らずには…いれません。

こんなものが面白いんじゃないか。と思い立ち それを具現化し、幾度もの改良を経て 頭にハッキリとした形態が浮かび それを具現化させよう。と このフタもの達を作りましたが ああ

技術とはこういうものだったんだな。と。 最初に思い立って作るものは、やはり試作で 改良を試みる度に壁に阻まれ 頭の中の完成形を具現化する事が出来るカを技術と呼ぶのだろう。と。 そう思いました。

その後、依頼した写真を取りに行き 販売会のお礼状を書く為、メンバー皆で和田山くんの作業場に集合。 ひたすらに宛名と文章を書き続けました。

その後…鳥さんがヴァージンを卒業しつつある。と。
さくと私が高校から大学にかけてアルバイトに行っていた美容室で働いていた Kさん が現在勤務している美容室へ向かいました。
すでにヴァージンを喪失しつつあるようでした。
営業が終わり、貸切状態の店内で 鳥さんが人生初のパーマネントをあてています。

彼は毛染めもした事がないので、生粋のヴァージンです。 どうなる事やら ?

この道具とか懐かしいナー。と アルバイトでアシスタントをしていた頃を思い出しながら 先にカットとパーマネントの終えたさくと 鳥さんのパーマネントを手伝いました。
さくは 4年 ほど。 私は、事故に遭って手が動かなくなるまでの 3年 ほど。 アルバイトでアシスタントをしていたのですが ほんと懐かしいですねえ。

しかしこんな時でも 陶芸に使える道具は無いだろうか…と見てしまうのは もはや職業病でしょうか。

因みにこの、ヒゲを剃る時に使う シェーバークリームを塗るコレ。 削りをした後のカス掃いにもってこいです。

100均 で買った物を愛用していますが、良いですヨ。

アシスタントをしていた頃はツイストが流行っていた頃で どんだけ巻くねん。ってくらいコレを使っていましたが 事故に遭った時期だったせいか その頃の記憶があまりありません ^^;
Kさん にお礼を言い、店を出たのが 1時頃 でしょうか… その後何がどうなったのか

卵焼きの腕を競おう。と… 卵焼きパーティが始まりました…

何でやし。

さくのターンです。

初パーマネントに上機嫌な鳥さんのターンです。

何でパンツ姿やし。

私のターンです。

何とも…台所の似合わない男ですねえ。

手前から順に さくの作った、キムチチーズ卵焼きと 鳥さんの出汁巻き。 そして私のプレーン卵焼きです。
そして 2時過ぎ に ペヤングソースやきそば ( 大盛り ) と一緒に食しました。 すごいですねペヤング。 1100kcal ですよ。

結果から言うならば さくのが一番美味かったデス。

卵そのものの味を活かした点はどっこいどっこいとして 食感は鳥さんに劣っていたので 私の卵焼きがベベというアレでした。

精進します。

卵焼きも上手く焼けないようじゃあ フタものなんて上手く焼けるはずがないんじゃないの。と 明後日までドキドキが止まりません。

頼むから良い感じに出来上がってくれやあああああああああああああああああああああ

っていう

0回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0