• SAC Bros. Company

Stand Alone


自分が望んだ状況になりました。 だがしかし、いささかビビってしまって萎縮している気がしないでもなし。 寝ても覚めても心臓の鼓動は早く…焦る気持ちが先立ってしまっている様子です。 無駄に昂ってしまっても仕方がない事なんですが…まあそんな感じです。

どうもこんばんは。motomanです。

身近な方、お世話になっているギャラリーの方には伝えたのですが。 生活費の為、陶芸の設備を整える為にと始めた自動車整備工という仕事。 3年10ヶ月経った今、終わりを告げる事にしました。

タイミングが良かったのかもしれません。 私は陶芸それのみで勝負してみたいと願い、 私の代わりに新しく入る方は、整備のみがやりたくてうちの工場へ就職です。 また、工場としてもいつまでもバイトでやっていくわけにもいかず、正社員を雇わなくては。と思っている最中。

皆が皆にとって願っていた形となり、皆が皆同じタイミングで出発点に立つわけです。

やる事、やるべき事、やりたい事。 自分の在り方、制作とは何か、陶芸とは何か。 どこを目指し、何を積み重ねていくのか。

全てが自分の内でその首をもたげ、 全てが自分に返って来る環境を、ようやく整える事ができました。 どうしても昂ってしまいますね…

おそらくしばらくは、 孤独と孤立の間をさまよう事になると思います。

半年後あたりに…頭頂部は見るも無残なほどにハゲ散らかり、 1年後あたりには天王寺あたりでゴミ箱を漁っているかもしれません。

私の姿を見かけた方は、何も言わずにヨーグルト・シェイキでも手渡してやってください。 涙を流して喜ぶはずです。 ハーゲンダッツのイングランド・ミルクティーでも喜ぶと思います。 でも最も重要なのはカロリーですので、 スニッカーズなんかをそっと手渡してくれれば幸いです。

そんな感じで…これからもよろしくお願いいたします

1回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0